HOKURIKU ENVIRONMENTAL HYGIENE

BLOG MENU

携帯サイトQRコードhttp://www.heh.co.jp/mobile

CNポイントとTポイントのポイントが貯まります、使えます。

公式アプリ

北陸環境衛生株式会社

〒920-0811 金沢市小坂町西22
TEL:076-251-1016 (代表)
FAX:076-251-6760
フリーダイヤル:0120-705-370
e-mail:
  • Facebook
  • Twitter

猛暑

2019/08/10

 ここ北陸地方でも、35度を超える猛暑日が出ていています。
金沢でも、最高気温32・33度が当たり前のようになってきています。
 さて、虫の世界でも、ここまで気温が上がってくると、いろいろな今までいなかった虫が、例えばヒアリとかの外来生物などが増えてくると思われがちですが……
実は!越冬できるかで、その地域に定着できるかが決まります。
 つまり、夏の最高気温よりも冬の最低気温が肝なのです。
 例えば、デング熱を媒介して注目された「ヒトスジシマカ」は、戦後1946年ごろの調査では、栃木県北部が分布域の北限でした。
 その後2010年ごろには、青森県南部まで分布域が北上しています。
 人間にとっても気温の変化は、生活に大変影響が有りますが、このように、虫の生態についても、とても深い関係があるのです。
 まだまだ暑い日が続きますが、皆様方もお気を付けください。
(H,T)

お問い合わせフォームはこちら|お電話はこちら 076-251-1016