HOKURIKU ENVIRONMENTAL HYGIENE

BLOG MENU

携帯サイトQRコードhttp://www.heh.co.jp/mobile

CNポイントとTポイントのポイントが貯まります、使えます。

公式アプリ

北陸環境衛生株式会社

〒920-0811 金沢市小坂町西22
TEL:076-251-1016 (代表)
FAX:076-251-6760
フリーダイヤル:0120-705-370
e-mail:
  • Facebook
  • Twitter

COVID-19

2020/06/12

 まずは、新型コロナウイルス感染症により亡くなられた方々、および、ご家族、関係者の皆様に謹んでお悔やみ申し上げますとともに、罹患された方々には心よりお見舞い申し上げます。
 さて新型コロナウイルス(COVID-19)感染症は、ここ石川県においても、ようやく少し落ち着きを見せてきましたが、まだまだ予断を許さない状況は続いています。
 そんな中、今回「消毒」という単語が飛び交ったと思います。
 というより、「消毒」を行う為の、いろいろな「消毒薬」が取り沙汰されています。
 いままでも「ノロウイルス」や「新型インフルエンザ」が流行した時も取り沙汰されていましたが、今回はその比ではありません。
 では、この「消毒薬」とは、いったい何なのでしょうか?
 実は「消毒薬」は、法律によって定められている物なのです。
 その法律とは「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」略して「薬機法」と言います。
 この「医薬品」の中に「消毒薬」は含まれているのです。
店舗の方も、効果が無いと解って設置されているわけでもないでしょう。
 結局販売店さんの販売方法が問題だと思います。
 「除菌〇〇75 アルコール消毒液度数75% 薄めずにこのまま手指消毒 ウイルス99.99%除去 速乾性 手肌に優しい 日本製 500mL」
 某有名ネット販売サイトのトップに記載されていた、うたい文句です。
 もちろん「医薬品・医薬部外品」ではありませんでしたし、実際の商品に記載されていたのは、調理器具の除菌用でした。
 厚生労働省からも、「医薬品・医薬部外品」が手に入らない中、医療機関等においては、高濃度エタノール製品の代替の使用を認めていますし、塩化ベンザルコニウムなどの界面活性剤も、コロナウイルス対策に有効だと検証結果も出ています(独立行政法人製品評価技術基盤機構)。
 ぜひ、皆様方も正確な情報を入手し、日常のコロナウイルス対策を行ってください。
(H,T)

お問い合わせフォームはこちら|お電話はこちら 076-251-1016