本文へ移動

ねずみ及び衛生害虫

ねずみ及び衛生害虫 トピックス一覧

チャバネゴキブリは冬にしっかり駆除すると?

2022-02-02
 1月に入り、石川県においてもオミクロン株コロナウイルス流行が拡大、本日から「蔓延防止措置期間」に入りました。個人としては、再度、「不要不急の外出はしないこと」や「正しいマスク着用とこまめな手洗の励行を確実に行うこと」で予防いたしましょう。
 ところで、この時期は、ゴキブリの目撃がほとんどなくなりますよね。クロゴキブリは、越冬行動(休眠)状態となると考えられます。チャバネゴキブリは、もともと暖かい地域から日本に入ってきたため、越冬行動ではなく、冬には少しでも暖かな暗所で群がっています。
 実は、建物内部のチャバネゴキブリを一掃するためには、冬のこの時期が最大のチャンスと言って良いかもしれません。
 チャバネゴキブリが今隠れている暖かい暗がりから追い出す事が出来ただけでも、その場所に戻れない場合、低温に耐えられず死滅します。
 毎年暖かくなるとチャバネゴキブリに悩まされているのなら、今こそ害虫駆除専門スタッフにご依頼ください。「ゴキブリゼロ」を実現し、チャバネゴキブリに悩まない夏を過ごしてみませんか?
(H,Y)

チョウバエ防除

2022-01-19
 先日、石川県内のオフィスビルにて汚水槽のチョウバエ防除を実施しました。
通常、このような作業の際はマンホールの蓋を全開してミスト機での薬剤噴霧かエアゾール剤を噴射して施工します。
 しかし、今回同行した先輩からは蓋を少しだけずらして隙間を開けるようにとの指示があり、隙間からエアゾール剤を噴射して作業が終了しました。作業後に、隙間を少ししか開けなかった理由を尋ねると、「隙間を少なくすることで飛散するチョウバエの数を減らすことと、汚水槽内にエアゾール剤を素早く充満させられる効果を狙った」との答えが返ってきました。
 ちょっとした工夫が防除の効率を上げることが分かり、今後の作業に活かしていけそうだと思いました。
(S,S)

ねずみ

2022-01-15
 年始から金沢市内でも本格的な降雪がありました。
 秋から冬はねずみの屋内侵入でお客様からのご相談が増える時期です。
 寒さをしのげる場所を求めて侵入してくることもあるので今まで問題のなかった建物でもねずみの目撃報告があがったりします。
 ねずみは不快感や衛生面の問題など様々ありますが、壁内や天井裏などの見えない部分での被害もありますので注意が必要です。
(T,M)

年末年始の連休を迎えるにあたり

2021-12-29
 弊社の業務は、ねずみ・衛生害虫等の管理を年間契約にて請負ケースが多く、北陸地方における大型商業施設・スーパー・宿泊施設などがお客様になります。
 保守管理も含まれ管理物件にて害虫発生等のトラブルが発生した場合、対応が必要になります。
 この時期に対応依頼が多いのは「ねずみの侵入」です。
 年末年始の連休を迎えるにあたり、施設の傾向を踏まえたより一層の対策を講じます。よって衛生的な環境を守る社会貢献とお客様満足に繋がる管理ができると考えています。
 なにはともあれ、お客様にとっても、私にとっても穏やかな年越しができることを願っております。
(M,Y)

ハマり

2021-12-20
12月に入り、寒さも日に日に増してきました。
この時期は外が寒い為、ねずみが温かい建物内に侵入してきます。
先日、石川県の某小学校へ、ねずみ調査に行きました。
職員室、会議室でねずみの目撃が多々あり、殺鼠作業を行うことになりました。
作業中、先生方の机の引き出しの中にあった食料がねずみに齧られており、悲鳴をあげていました。
そして、先生方全員が机の引き出しをチェックしていると、ハツカネズミが一番下の大きい引き出しの底の丸穴に、頭だけはまって身動きがとれず暴れていました。それを見た先生方は笑いのツボにハマっていました。ハツカネズミの幼獣は7㎜以上あれば侵入可能ですが、感覚が狂ったのか見事にはまっており、難なく捕獲できました。
以前も壁穴にはまって死んでいたクマネズミに遭遇しましたが、私もシロアリ駆除で床下の低い所を通るので、はまらないように気をつけたいです。
(M,S)
TOPへ戻る