本文へ移動

害虫(しろあり・ハチなど)

害虫(しろあり・ハチなど) トピックス一覧

そろそろです。

2022-03-28
 月日が経つのは早いもので、毎年のようにお伝えしておりますが、石川県内におきましても、あと一月程しましたらシロアリの羽アリが出てくる季節になります。
 羽アリが出てくるということは結構食害が進んだ状態であります。そして、かなりの大群で出てくるので皆さんびっくりされることが多いです。そうなる前に床下の調査してみませんか?
 ご連絡お待ちしております。
(I,S)

原因を絶つ

2022-03-14
 今から1年ほど前の事ですが、富山市のある工場で壁面内に発生した害虫防除作業に行ってまいりました。
 内容は対象となる部屋の幅木部分を穿孔し、そこから壁面の隙間へ薬液及び殺虫ガスを注入するといった内容で、その防除は成功を収め発生していた虫の数は減少していきました。
 それから今現在、その工場から再び同じ内容の殺虫依頼が来たのです。
 何でも時間を経るごとに同じ虫が少しずつ増えだしてきているとの事でした。
 再度調査に行ってみると壁面と通じる天井裏スペースに発生原因となるカビが生えていたのです。
 工場側の担当者と協議して天井裏の清掃及び殺菌消毒を提案し、今後はそういった部分の美化清掃に努めることを約束してくれました。
 今後の経過はまだ先の事なので分かりませんが発生原因が絶たれれば虫の数も次第に減ってゆく事と考えられます。
(K,T)

冬のユスリカ

2022-02-26
 富山では雪の降る日も多く気温が低いですが、天気の良い日に窓や壁などに黒色のユスリカがとまっているのを見かけます。
 ユスリカは春や秋に多い印象ですが、エリユスリカやフユユスリカの種は冬季に羽化します。
 今年は飲食店等でこのユスリカの飛来で困っている話をよく耳にします。
 寒い時期でも防虫対策をしっかりと行うことが大切です。
(T,M)


学校のシロアリ

2022-01-14
昨年の11月より石川県内の某学校にてシロアリの特殊な施工を行っております。
どんな施工かというと、学校なのでコンクリートの床に木材を張ってある昔ながらの床面の造りになっており、その木材に食害があり、食害のせいで穴が開いていたりボロボロだったりしているのでその穴などに、巣に持ち帰って徐々に駆逐していく毒餌を詰めるという施工です。
先日、経過を見るため伺ったところ、一部食べ尽くされて毒餌が無くなっていた部分がありました。順調だと思いながらまた毒餌を新たに詰めて帰ってきました。
次に伺った時がどうなっているのかまたお知らせします。
(I,S)

トゲハネバエ

2021-12-21
12月も半ばに入り、気温も下がって虫達の活動も鈍くなっているこの時期ですが大型の「クロバエ」や「イエバエ」よりも小さく、小型の「チョウバエ」や「ノミバエ」よりも大きな「トゲハネバエ」が活発になる時期になります。(5~6mm)
晩秋から早春の今の時期によく見られ、幼虫は腐敗した動植物を食べるために油粕・発酵堆肥(牛糞や鶏糞等)やトイレ周辺に発生する事が多いハエです。
冬の寒い時期に気温の低い場所でハエが発生している場合はこの「トゲハネバエ」かもしれません。北陸でのハエ駆除は是非「北陸環境衛生」にお任せください。
(M,T)
TOPへ戻る