本文へ移動

害虫(しろあり・ハチなど)

害虫(しろあり・ハチなど) トピックス一覧

掃除が大事

2021-11-25
先日、金沢市内の厨房施設で定期害虫防除に入った時のことです。
厨房内の排水溝近辺でユスリカが数匹飛んでいたのが気になり、周辺を観察したところ、さらに数匹の飛翔を確認しました。

この厨房施設は以前にも同じ現象が発生し、その時の調査では排水溝内で幼虫が大量発生していました。本来外部で繁殖・生息する害虫なので、まれなパターンでしたが、換気設備の老朽化によりユスリカが侵入しやすい状況であること、排水溝内の清掃不足により厨芥・汚泥の蓄積具合が繁殖に適した環境であることが重なって起きた現象だと考えられました。
今回も前回同様に排水溝内で幼虫を数匹確認でき、発生初期だったので薬剤施工にて駆除し、排水溝清掃の実施を強く要請しました。

薬剤での害虫駆除はもちろん必要であり大切ですが、我々の発見が遅れると大変なことになりかねませんので害虫の発生しやすい箇所については日々の清掃、調査、メンテナンスがより一層大切であると再確認し、顧客との感覚の共有を進めていきたいと思いました。
(S,B)

害虫

2021-10-29
石川県内では9・10月とは思えない暑さからようやく過ごしやすい気温になってきたと思いきや、急に朝晩が冷え込むようになってきました。
温度変化により活動する害虫の種や動き自体も変化してきます。
私の体感では屋内温度25℃前後の日が続いたためかチャタテムシやショウジョウバエなどのハエ類が目立つようになったように感じます。
また、このところさらに気温が下がり最低気温が15℃前後の日も出てきましたが、この温度帯でカメムシが屋内への侵入を始めるというデータもあります。
お困りの際は弊社へご相談いただければと思います。
(T,M)

ダニの害

2021-10-26
8月後半、福井市内某施設から、陳列用什器に肉眼で、かろうじて確認できるくらい小さな白い虫が徘徊していると調査依頼がありました。
以前にも同様のケースを経験しており、おそらくチャタテムシとたかをくくり現場に向かいました。
確認するとチャタテムシよりはるかに小さい。検体虫を持ち帰り、実体顕微鏡にて同定したところ、コナダニの一種と判明しました。
広いスペースの一部でのみ生息が確認されることから、発生個所の特定は難航しました。可能性を排除する為、発生箇所の真上にある天カセタイプのファンコイルに、エアコン洗浄と殺虫処理を提案し施工しました。
結果はこれからですが、今回の処理が成功し、お客様を一刻も早く不安から解消させてあげたいと考えております。
(M,Y)

こんな所から

2021-10-26
先日、金沢市内のシロアリ調査に伺った時のお話です。
掃き出しの窓の枠がシロアリの被害にあっており、床下を潜ってその部分まで行ったところ基礎部分に蟻道(シロアリが土台まで上がってきている形跡)がありませんでした。では、どこから上がってきているかというと、外周部の基礎しかないと思い外に出て見てみると、後付けの風除室があり基礎に密着する形で土間コンクリートを打っているではありませんか。
つまり基礎と土間コンのほんの少しの隙間から土台まで上がってきており、駆除しようにも簡単には手が出せなくなっています。あぁ・・・
シロアリという生き物自体は弱いもので、風の流れや日に当たるのは苦手で滅多に外周部から上がってくるものでは無いのですが、コンクリートに守られて建屋内に侵入しやすくなったようです。人に快適な環境はシロアリにも快適ということでした。
私は今までお客様には外周部には風の流れや、日当たりが悪くなるものは置かないようにお伝えしていましたが、今後は風除室等後付けのリフォームがある時は気を付けるよう付け加えようと思います。
(I,S)

家屋内への侵入

2021-10-08
今年の石川県は10月でも暖かく、日中は半そででも過ごせるほどですが、これから涼しくなってくると様々な生物が家屋内へ侵入してきます。
害虫で代表的なものではカメムシが挙げられ、山間部では越冬の為に大群で侵入してくることがあります。予防のために事前に窓枠等に薬剤を散布しておくと効果的です。
お困りの場合はお電話を。
(T,M)
TOPへ戻る