本文へ移動

鳥獣(ハト・ハクビシンなど)

鳥獣(ハト・ハクビシンなど) トピックス一覧

家の中の物音

2022-03-07
 お客様からのお悩みで「天井裏で音がする」「壁の中から音がする」というお声を頂く事があります。そこで我々の出番となりますが、まずはお客様からのヒアリング(聞き取り調査)から始まります。
 いつ、どこで、何時頃、どのような音がしたのか・・・色々な事を聞いて、どのような生き物が音を出しているのか絞っていきます。
 駆除や捕獲作業が始まってもヒアリングは続けています。何より現場にいちばん長くいらっしゃるお客様がいちばんの被害者で、詳細をご存じだからです。
 調査や駆除で我々がお邪魔をした時は、なるべく詳しい被害をお伝え頂ければとても嬉しく、作業もスムーズに実施出来ると思います。
 金沢市内はもちろん、北陸での動物の家屋侵入のお悩みは是非北陸環境衛生へご連絡下さい。
(M,T)

シベリアイタチ(チョウセンイタチ)捕獲

2022-03-04
 石川県白山市の民家天井裏にて、通常のイタチと少し違うイタチの捕獲がありました。ひょっとしたら石川県は生息域となっていないチョウセンイタチかもしれないと思い、いしかわ動物園で種の同定をしていただきました。DNA鑑定などの精密な確認はできませんでしたが、大きさ・毛色・尾の長さ等の状況から、チョウセンイタチで間違いないようですと連絡がありました。
 当初は白山市に対して有害鳥獣捕獲の許可を得て進めていましたが、予定外の捕獲となったため、白山市と石川県に相談をし、対応の指示を仰ぎました。その後の捕獲について、法令順守で対応するため新しくいくつかの申請書類を提出し、許可を得ることとなりました。この申請時に、これまでチョウセンイタチと呼んでいたイタチは、正式にはシベリアイタチと呼ぶことになったと教わりました。

 石川県の家屋内で問題となる小動物は、ハクビシン・イタチ・アナグマ・アライグマ・コウモリ・ドバト等です。これまでも小動物対策に取り組んできましたが、甘くない業務です。それでも対策がうまくいったときに、お客様からの喜びの声があるとよかったと思えます。
 当社は、石川県で小動物等の鳥獣捕獲等事業の認定を受けています。これからもコンプライアンスを順守し、人々の生活や環境衛生を守るよう努力していきたいと思います。

 現物の毛色はもう少し明るい色でした。
(M,T)

コウモリ救出作戦!その2

2022-02-26
 コウモリ救出作戦のつづきです。
 コウモリは夕方から夜間に活動を行う夜行性です。
 つまり、夜間になればほとんどのコウモリが住処を出て、捕食に向かうはずです。
 そこで、実行時間を夕方から夜間にかけて行うことにしました。
 その時間帯であれば、ほとんどトンネルの中にコウモリは残っておらず、簡単に終了するであろうと、なかなか良い作戦だなと思ったのです。
 しかし予定は未定!いろいろな大人なの事情から、8月下旬に作戦決行の予定が、大幅にずれ、なんと11月上旬になってしまいました。
 ここでたいへん大きな問題が発生しました。
 場所は石川県北部の山中、11月上旬になれば雪こそ降っていませんが、朝晩は相当の冷え込みです。
 こうなってくると、コウモリはその場で冬眠する可能性大です。
 作戦変更を余儀なくされました!
 たぶんほとんどのコウモリは、固まってトンネル内でじっとしているはず。
 寝た子を覚まし、出口に誘導しなければなりません。
 一匹残らず救出しないと、トンネルから二度と出られなくなってしまいます。
 この絶対条件を成功させるために、仲間とも相談して、秘密兵器を作ることにしました。
 結果的にこの秘密兵器が功を奏し、一匹残らずそれもコウモリを傷つけずに救出することが出来ました。
 次回この秘密兵器と、コウモリの特徴を利用した実際の作戦実行内容をお伝えします。
(H,T)

小動物侵入の季節

2021-12-20
北陸では、雪の時期独特の鰤起こしの雷が鳴り響いてきました。
11月頃からねずみが建物内に頻繁に侵入してきていますが、同時期にハクビシン・イタチの問い合わせが急増しています。
寒くなって冬を越すために必死であろうと思います。
人々の健康的で安全な環境を守るため、建物内への侵入をご遠慮いただくよう、頑張っています。
(Y,N)

コウモリ

2021-11-25
白山市に住んでいますが、10月の中旬ごろのことです。
室内のロールカーテンの上部と鴨居の僅かな隙間に、黒い2センチぐらいの小さなものが挟まっているように見え、黒い蛾かなと思い近づいてよく見ると、何と!こうもりの子供でした。
周囲は住宅団地ですが、水田地帯なので夕方になると、コウモリはよく見かける事がありました。家の中まで入ってくるとは思いもよらずびっくりしました。
ティッシュペーパーで捕まえて、外に逃がしてやりましたが、感染症の病原体を媒介することがありますので、注意が必要です。
もし、コウモリが住み着いて放置していると糞害など被害が拡大しますので専門業者に申し付けください。
(H,Y)
TOPへ戻る