本文へ移動

鳥獣(ハト・ハクビシンなど)

鳥獣(ハト・ハクビシンなど) トピックス一覧

幸運の象徴?

2021-06-11
先日、金沢市の作業現場でカラスの死骸を見かけました。
カラスは自分の巣で死を迎えることがほとんどの上、頭が良いので車に轢かれるなどの事故で死んでしまうことはあまりなくカラスの死骸を見かけることは珍しいそうです。
カラスは不吉なイメージがありますが、カラスの死骸を見かけると「幸運の兆し」と言われており、良いことの前触れだという言い伝えがあるそうです。
カラスはとても賢くて縁起のいい存在だと思うと、普段のカラスに対する見方も変わるかもしれません。
(S,N)

街中でこっそりと

2021-04-23
4月も佳境に差し掛かり、日ごとに暖かさの強まる頃合いとなりました。
さて先日、金沢市内の共同住宅へ防ハト工事に行ってまいりました。
現場となるお部屋は入居者が長らくおらず、人の気配がないのをいい事にベランダの隅の雨風を凌げる所をねぐらとしており、その為ベランダの角に糞が多く堆積している状態でした。
まず積もっている糞を掃除したあとベランダのコンクリ部分に金具をつけてネットを張り、最後にハトの止まりうる配管部分などに防ハト針を取り付けていきました。
今回のケースは共同住宅の空き部屋でしたが、その他にもビル屋上の給水タンクの鉄骨の隙間や高速道路の高架下などといった街中のちょっとしたスペースを利用し暮らしている彼らの生態に驚くばかりです。
あなたの身近な場所でも意外な住人?が住んでいるかもしれません。
(K,T)

侵入生物???

2021-04-23
最近金沢市内などから「イタチが建物内へ入ってくる」というご相談が増えてきました。
この前までは「ハクビシン」のご相談が圧倒的多かったのですが!
では、もともと石川にはイタチは居ないかというと、そんなことはありません。
日本には在来種として「ニホンイタチ」という種類のイタチが生息しています。
「ニホンイタチ」は、もともと平野部に生息していましが、私が以前住んでいた中国地方では、侵入種の「チョウセンイタチ」に追いやられて、山間部でしか見られなくなりました。
現在ご相談が増えているイタチが、在来種の「ニホンイタチ」なのか?
それとも朝鮮半島から侵入してきた「チョウセンイタチ」なのか?は、まだはっきりしていません。
しかし、環境省の文献などで調べてみますと、この「チョウセンイタチ」の生息範囲に石川県は入っていないのです。
色々な状況から、侵入生物の「チョウセンイタチ」の可能性が高いように思えますが、今後専門家などへご相談し、調査を行っていこうと思います。
(H,T)

カラスの巣造り

2021-03-22
金沢市内において、昨年と同じ樹木の17mの高さに、カラスが木の枝を運んで巣を造り始める姿が目撃されました。
雛が成長していくにつれて親鳥が警戒をして人を襲う様になります。子供たちの通学路等々にカラスの巣がある時は、早急に対応するようにしたいと思います。
(K,S)

やっぱりハクビシン

2021-03-08
金沢市の西インター近くと白山市の鶴来地域で、現在ハクビシンの捕獲を試みております。
天井裏の物音において、ねずみ以外ではイタチはありますが、なんといってもハクビシンの浸入が多いです。
侵入口閉鎖の対策も実施予定ですが、まず捕獲駆除を希望される方は多い状況です。
早目にお客様の安心が得られるよう、努力しています。
(Y,N)
TOPへ戻る