本文へ移動

クリーニング・微生物対策など

クリーニング・微生物対策など トピックス一覧

健康長寿

2021-09-08
金沢市の施設での清掃業務の中には1日に2~3万歩近く歩く時があり体力が必要です。
一般的に1日8000歩以上歩くのが健康長寿に効果的だと言われていることを知り、今後も仕事をしながら意識して作業をし、健康長寿を伸ばしていきたいと思います。
(S,N)

mRNAワクチン

2021-09-08
新聞等でよく見かける文字ですが、従来型と何が違うのか、危険性がどうなのか気になり調べてみました。
これまで使用されていたワクチン(不活化ワクチン、組換えタンパクワクチン、ペプチドワクチン)はウイルスの一部のタンパク質を人体に投与し、それに対して免疫が出来る仕組みでした。
mRNA(メッセンジャーRNA)ワクチンでは、ウイルスのタンパク質をつくるもとになる情報の一部を注射します。人の身体の中で、この情報をもとに、ウイルスのタンパク質の一部がつくられ、それに対する抗体などができることで、ウイルスに対する免疫ができます。ウイルスからヒトに至る多くの生物は遺伝子;DNAを持っています。DNAは、主に、生命活動の維持に不可欠な、タンパク質を合成するための設計図として機能しています。DNA上の遺伝情報は、先ず、メッセンジャーRNA(mRNA)と呼ばれる物質へコピーされ、mRNAの情報をもとにタンパク質が作られます。この「DNA→mRNA→タンパク質」という細胞内における遺伝情報の流れは、生命の営みの基本的かつ普遍的な反応、これを利用しているとのことです。
まずは生ワクチンのように病原性を弱めた病原体からできていないのでこの病気に感染することはないようですが、副反応が気になるところです。
(H,Y)

浴槽の配管洗浄

2021-08-14
石川県内で不特定多数のお客様が入る浴場施設を有する皆様には、コロナ禍の中、三密を避け、マスクの着用、手洗いの徹底等注意されて営業されていると思います。
浴槽配管内に微生物が侵入すると生物膜を形成して、下界からの不利な条件(塩素剤等の殺菌剤)から保護され、生物膜の中で爆発的に増殖したレジオネラ菌が浴槽内に入ります。
入浴中に大量のレジオネラ菌が体内に入ると、重症の症状が出たり、最悪の場合は死に至る事もあるため、年1回循環配管内の生物膜(バイオフィルム)除去の為、配管洗浄を行うようおすすめします。
浴槽の消毒、配管洗浄、ろ過装置等でお困り、疑問等がありましたら連絡をお待ちしています。
(T,T)

空気環境測定

2021-08-06
先日、白山市にある某建物で空気環境測定をしてきました。
その場所は特定建築物と呼ばれる建物であるため、2ヶ月内に1回実施しております。
空気環境測定は「粉じん」「一酸化炭素」「二酸化炭素」「温度」「湿度」「気流」を測定しており、各項目に基準値が設定されています。
建物内に滞在する人の健康を守るため、各項目が基準値内になっているかを確認しています。基準値外になると不快感もしくは体調不良になることもあります。
梅雨が明けてエアコンを利用することが多くなったため、室内は密閉空間になり、「二酸化炭素」が多くなっていることが多いです。また、現在問題となっている新型コロナウイルス感染症の拡大を防止する対策の1つが「換気」です。換気の状態は「二酸化炭素」の数値が目安となります。
エアコンしているのにもったいないと思うかもしれませんが、体調を崩さないためにも換気をお勧めします。
皆様が生活されている場所の空気環境がどうなのか確認されてみてはいかがでしょう。
(Y,K)

剥離してます

2021-07-19
先日より金沢市内の施設において剥離清掃作業を行っております。
24時間人が出入りする施設なので、できる所から少しずつ作業をしております。
施設の方からは「綺麗になったね」「室内が明るくなった」など喜んでいただいているので嬉しい限りです。まだまだ作業は続きますが最後まで丁寧に仕上げたいと思います。
(M,Y)
TOPへ戻る