本文へ移動

鳥獣(ハト・ハクビシンなど)

鳥獣(ハト・ハクビシンなど) トピックス一覧

有害鳥獣捕獲・流通センター終了

2024-02-10
 有害鳥獣捕獲許可のもと、約半年間に渡り実施した加賀方面の流通センターにおけるドバト捕獲業務が終了しました。捕獲数は想定を上回り良い結果が残せたと思います。
 当流通センターは、今まであらゆる営巣防止対策を講じてきたものの良い結果が得られず、今回弊社で有害鳥獣捕獲を試みたものです。捕獲期間が終了し、今後、短期的には糞害による商品の汚染は大きく軽減されると思いますが、長期的には環境に依存する形でドバトの営巣数が徐々に増え、被害が繰り返されることが予想されます。
 今後は対策の一つとして、有害鳥獣捕獲を定期的に実施し生息数をコントロールしていくことも有効であると思います。
(M,Y)

忍びの者

2023-12-08
 キツネって北海道のイメージが強いの私だけでしょうか?
 キタキツネというくらいですから、やはり北で、金沢の地ではお目にかかる事なんてないだろうと思っていました。つい先日までは。
 
 現在、金沢市と内灘の間くらいの場所でキツネの捕獲業務を継続中です。
 キツネの生態として土中に棲みつくらしく、ご依頼いただいた工場は地盤沈下で基礎部分に大きな空洞ができており、広大な敷地も相まって、野良猫やハクビシン、タヌキなどいろいろな獣が棲みついております。
 
 キツネの体長は大きめなので大きめの踏板式捕獲かごを設置しておりますが、警戒心が強いためか、踏板を踏まずにエサだけ食していきます。まるで忍者。
 
 幸いにもエサは食べに来ているので、こちらも色々工夫して対抗すべく奮闘中です。
 負けられない戦いがここにある。
(S,B)

コウモリ

2023-11-30
 先日、石川県内の小学校にて夜になるとコウモリが飛来しフンなどをされ困っているとのことでコウモリ対策工事を施工してきました。
 施工方法としてはコウモリがいた箇所にポリカーボネート板を打ち付ける作業でした。
 仕上がりはとても良くポリカーボネート板が透明なので目立ちにくくなりました。
 施行後は飛来してきていないとのことなので安心です。
(N,U)

クマ等野生動物の出現

2023-11-30
 最近、テレビのニュースや新聞紙等で野生動物の住宅地への出現が問題視されています。特にクマによる被害の件数については過去最高と言われております。クマだけでなく、近年農作物への被害で問題となっているイノシシ、本来観光地でかわいがられているはずのシカ、警戒心が強く滅多に人里に下りて来ないはずのサル等様々です。
 これらの現象の要因として、そもそも、我々人間が本来、野生動物の領域であったところを住宅開発等で侵していること、昨今の異常気象等による自然環境の変化によるもの等が挙げられますが、他にももっと複雑な事象が関係しているのかもしれません。
 今一度、野生動物との接し方、共存について考えていかなければならないと思います。
(N,U)

有害鳥獣捕獲・流通センター3

2023-11-07
 加賀方面の流通センターで開始したドバトの有害鳥獣捕獲は延長につぐ延長で6ヶ月目に突入しました。
 ここにきてようやく効果があらわれ、糞害に悩まされていたセンター内も、被害は大幅に減少した模様です。
 捕獲許可期間も残りわずかですので、許可の範囲内で最高の結果が出せるように努めて参ります。
(M,Y)
TOPへ戻る